不動産鑑定士 土地家屋調査士 マンション管理士 宅地建物取引主任者 ビル経営管理士 測量士補などのプロになるための資格を取る!

FrontPage

不動産関係の国家資格試験に挑戦!

不動産鑑定士

  • 年齢、学歴、国籍、実務経験など制限はなく、誰でも受験できる。
  • 不動産鑑定士の合格率 (平成18年度の場合)
    • 短答式試験:24.0%
    • 論文式試験:10.3%という超難関資格です。
  • 資格勉強には、じっくりとそれなりの期間が必要です。専門学校の資格コースでは2009年度受験に向けての講座申込もスタートしています。
  • 今から勉強を始めれば新試験にも間に合う可能性も大ということです。一念発起、難関資格を手にする絶好の機会です。検討してみる価値は十分にありそうです。
◎◎◎ 不動産鑑定士の合格参考書 通販カタログ ◎◎◎

不動産鑑定士とその業務

  • 不動産の価値は変動が激しい、国土交通省が管轄する国家資格であり、資格取得者のみが不動産鑑定業務を行なえる。
  • 融資の担保 価値評価・売買取引される不動産
    • 地価公示制度や地価調査制度に伴う鑑定評価
    • 公共用地の買収評価
    • 裁判上の評価
    • 会社の合併時の資産評価
    • 現物出資の評価
  • 課税される不動産の評価
    • 相続税路線価評価
    • 固定資産評価
  • まさに「業務を独占する資格」です。特に以下に挙げる「不動産鑑定評価業務」をするにあたっても必須の資格です。

不動産に関してのコンサルティング

  • 不動産の有効活用についてのコンサルティングも、重要な役割の1つです。
    • 土地の有効利用の提案、
    • 市街地再開発事業等に係る権利調整、
    • 商店、工場の事業継続に係る提案、
    • 投資採算分析、適正評価手続きなど
      多岐に渡る相談に対して、不動産の専門家としての高度な知識を提供します。

不動産鑑定士はトップクラスのライセンス

  • 公正な立場から不動産を調査し、的確な資産価値を提示する不動産鑑定士は、社会的な責任、信用も高いのです。
  • 難関資格ということもあり、ニーズが増しても圧倒的に資格者が不足しているという国家資格者の中でもダントツの「売り手市場」であることも間違いありません。
  • 不動産と経済のかなめである、金融の結びつきが強まるに連れ、不動産業界のみならず、銀行・証券会社・保険会社などの金融機関、官公庁、商社、鉄道会社、コンサルティング会社、監査法人など幅広い分野で活躍することが期待できます。

不動産鑑定士の魅力

  • 規制区域内での土地売買、権利の移転、建売やマンションなど住宅分譲時の事前確認を受けるとき、不動産鑑定士の鑑定評価が義務ずけらていることから独立開業を目指せるのも「不動産鑑定士」ならではの魅力です。
  • 今やキャリアアップの時代、転職や企業内だけではありません。国土交通省発表のデータによれば、不動産鑑定士等の鑑定業務の平均報酬は1,300万円超えます。
  • 並み居る独立開業系国家資格の中でも、高収入と社会的責任も高い国家資格といえるでしょう。

土地家屋調査士

景気に左右されない安定職種です。土地家屋調査士は、専門性を活かして独立開業が可能な資格です。

土地家屋調査士の業務概要

  • 他人の依頼を受けて,不動産の表示に関する登記に必要な土地または家屋に関する調査測量,申請手続きなどをすることを業とする者である。と規定されています
  • 不動産の「表示登記」に関する全ての業務を行う土地のプロフェッショナルであり、登記手続きを専門に扱う資格です。
  • 「権利登記」は司法書士が行ないますが表示登記は、土地や建物がどこにあるのか、大きさはどれくらいなのか、という不動産取引をする際に非常に重要な要素を示すものであり、とても重要な役割を果たしている登記です。
  • ですから、土地家屋調査士は実際に現場に赴き測量をすることも必要ですし、最低限の法律を知っている必要もあります。

将来性と報酬

  • こうした土地家屋調査士の仕事は,司法書士や測量土の業務と深く関連があるため,これらの業務に関しても知識をもち合わせておくと,仕事をすすめる上で,役立つことが多いのです。
  • また,宅地建物取引主任者などの仕事と比べると,好況・不況に左右されることが少なく,安定した資格といえます。
  • 開業した場合,信用度や立地条件などによって,仕事の内容・量が異なってくる。そのため,報酬は,法務大臣認可の各都道府県ごとの報酬額表に基づいて得ることになります。
  • 受験資格
    年齢・性別・学歴など受験資格に制限はありません。誰でも受験できることになります。

受験準備には作図用具も大事!

●●● 土地家屋調査試験の作図対策、関数電卓・製図用具総カタログ ●●●

測量士(補)を持っていると試験に有利

  • なお、測量士(補)を持っていると、午後の試験が免除になるので、測量士補を取得しておくと非常に有利に試験を受けることができます。
  • ですから、土地家屋調査士資格を取得しようとするのであれば、測量士(補)の資格を取得するための勉強も同時並行で進めることを強くおすすめします。

測量士(補 )

測量士(補)の業務概要

  • 測量士とは,基本測量,公共団体の行う測量の計画を作成または実施する者です。
  • 測量士(補)とは,測量士の作成した計画に従い測量に従事する者です。実質的には名前のとおり測量のスペシャリストになるための資格です。
  • 何か事業や工事をするには、必ず測量をする必要があり、全ての基礎になる非常に重要な仕事です。したがって専門的な知識や経験が求められ、その道の専門家であることが要求されます。

測量士(補)として働く

  • 測量士または測量士(補)になるには,国土地理院の長に対して,その資格を証明する書類を添えて登録の申請をする必要があります。
  • 測量業者は,その営業所ごとに測量士を1人以上置かなければならないとされています。そのため.測量士の勤務先は,航空測量、航空写真会社や建築会社,測量事務所など民間会社が主となります。
  • この測量士(補)資格を取得することによって、それを証明することができると思われます。
  • 実際に、測量実務をしている人はある程度問題のイメージがつくので、有利ではあるのですが、実務ではやらないような知識も出題されますので、今、測量業務で活躍されている方でも、しっかりと勉強しなければ合格することはできないでしょう。
@@@ 測量士(補)合格参考書 通販カタログ @@@

土地家屋調査士試験での科目免除の優遇

マンション管理士

  • マンションを管理するスペシャリストである。

マンション管理士の主な業務概要

  • 平成13年、マンション哲理適正化推進法によって誕生した国家資格です。
  • 専門知識をもって管理組合の運営等、マンションの適正管理を行う。マンションも戸数も380万こえている現在、マンションの管理規約や長期修繕計画、管理組合の資金計画などでアドバイスや指導等の援助します。
  • また、個別のマンションの状況を見て問題点を判断し、それぞれの建物維持・補修管理の専門家へ助言ししたりするのが仕事となります。

powered by Quick Homepage Maker 4.10
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional